アーカイブ

ヘルペスの原因と治療法

rhytd
ヘルペスは、ヘルペスウィルスに感染することで発症します。皮膚や粘膜に感染し、ウィルスは神経節にまで入り込みます。
水ぶくれのようなできものができるのが特徴ですが、ウィルスに感染していても症状がでない人や、症状がでても軽く、病院を受診しない人もいるので、ヘルペスに感染しているとは気づいていない人も結構います。
主なヘルペスの病気の原因と治療法を見ていきましょう。

水痘・帯状疱疹ウィルス

現在は予防接種が当たり前になっていますが、以前は小児の間でかかるのが当たりだと一般認識されていたのが水ぼうそうです。水ぼうそうもヘルペスウィルスの一種である、水痘・帯状疱疹ウィルスが原因で起こります。子供の頃にかかると、軽い症状で済みますが、大人になってから感染し発症すると、重症化することでも有名です。
水ぼうそうにかかったことがある人の体の中には、帯状疱疹ウィルスがずっと潜んでいます。ストレスや風邪を引いたり、歳をとったりして免疫力が低下したときに、潜んでいたウィルスが活発化し、帯状疱疹を引き起こすことがあります。
帯状疱疹は、お腹や背中に水ぶくれが帯状にできます。体の左右どちらかに偏って症状がでることが多いです。お腹や背中だけでなく、手足や顔など全身のとこにでもできる可能性があります。治るまでに1ヶ月程度かかることもあり、痛みも伴うことから、厄介な病気であると言えます。
治療して治っても、ウィルスは体内に潜んだままなので、免疫力が低下した際には再度発症する可能性があります。

口唇ヘルペス

ストレスや疲れを溜めていたり、体調をくずしているときなどに、口の周りに水ぶくれのようなできものができることがあります。単純ヘルペスウィルス1型に感染することで起こる、口唇ヘルペスという病気です。
ウィルス保持者と直接または間接的に接触することで、感染するケースが多いです。ペットボトルやコップを共有したり、ウィルスのついた手で触れ合ったりすることで感染するので、家族感染が多いです。
2週間程度で治ってしまう軽いものであることが多く、発症していても、口唇ヘルペスだと気づいていない人が多いです。日本人の10人に1人は経験したことがあると言われるほど、感染者が多いのが現実です。

性器ヘルペス

ytjd
主に性交渉によって単純ヘルペスウィルス2型に感染することで発症します。潜伏期間は2日から12日ほどだと言われています。性器や肛門周辺に、小さなみずぶくれのようなできものができ、それがつぶれたり破けたりしてただれ、強い痛みを生じます。女性の場合はとくに症状が重くなる傾向があり、痛みで排尿が困難になることもあります。
初めて発症した時には、重い症状ができますが、再発時は比較的軽い症状のまま治ります。症状に気づかない人もいれば、性器ヘルペスだとは思わない人もいるので、知らず知らずのうちに感染を広げている場合があります。
今後の性生活にも影響を与えることなので、それらしい症状がある場合には、パートナーと一緒に病院を受診するべきです。

再発するのが特徴

いずれも医療機関を受診して、薬で治療することができます。数日から数週間で症状は治まっていき、治すことができます。ですが、ウィルスを体内から消すことはできないため、再発の可能性を残してしまいます。
特に、口唇ヘルペスと性器ヘルペスは再発率が高く、感染者を悩ませています。再発を防止する薬を利用したり、免疫を落とさない体づくりをしたりして、ウィルスに負けない体にしましょう。

更新情報

2016-09-21
ヘルペスの原因と治療法の情報を更新しました。
2016-09-21
企業情報を新規投稿しました。
2016-09-21
性器周辺のできものは、ヘルペスかもの情報を更新しました。
2016-09-21
帯状疱疹は、子どもの頃の水ぼうそうが原因?の情報を更新しました。
2016-09-21
口の周りに水ぶくれが出来たら、口唇ヘルペスかもの情報を更新しました。
ページ上に戻る