口唇ヘルペスや性器ヘルペスの原因とされているヘルペスウィルスですが、その感染経路を知っていますか。感染していても、症状がでないことも多いウィルスなので、知らず知らずのうちに感染しているかもしれません。ヘルペスウィルスによって起こる代表的な口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、感染力が非常に強い単純ヘルペスウィルスが原因であり、圧倒的に接触感染が多いです。

口唇ヘルペスの場合は、患部に触った手で相手に触れたり、キスをしたりすることで感染します。家族間での感染が圧倒的に多いです。性器ヘルペスは、性交渉をすることで感染します。オーラルセックスをすることでも感染するので、口唇ヘルペスから感染して性器ヘルペスになったり、その逆になるケースもあります。

感染していても、症状がでないことがあります。知らず知らずのうちに周りの人に移してしまっている可能性があるということです。口唇ヘルペスは、ウィルス保持者が使ったタオルを使用したり、箸やスプーンなどを共有したりした場合にも感染します。

性器ヘルペスは、温泉などのイスやトイレの便座にウィルスがついている場合、使用すると感染する可能性があります。ウィルス保持者と直接の接触がなく、思い当たる節がなくても、思わぬところからウィルスをもらってしまっている可能性があるということです。

症状がでているときには、患部に大量のウィルスがいます。そのため、症状が出ているときの感染力は非常に強いです。疲れていたり、風邪を引いたりしていて免疫力が低下している場合には、ウィルスに感染しやすくなっているので注意が必要です。