ヘルペスというと、怖いイメージを持っている人が多いかもしれません。ですが、日本人のほとんどが感染したことのある身近なウィルスが原因で発症します。ヘルペスとは一体どのような病気なのでしょう。ヘルペスウィルスは単純ヘルペスウィルス1型や2型、帯状疱疹ウィルス、ヒトヘルペスウィルスなど、人間に感染するものとしては8種類あります。

種類によっては症状の重い怖い病気を引き起こしますが、身近なものでは水ぼうそうもヘルペスウィルスの1種によって起こります。感染すると、薬などで治療をし、症状を治めることができます。ですが、体内のウィルスを完全に死滅させることはできません。

神経節などに隠れて潜伏し、風邪を引いたときなど、免疫力が下がった際にあばれだし、再び症状を引き起こします。子供の頃に水ぼうそうにかかった人には、帯状疱疹など、違う症状となって表れます。ヘルペスウィルスは、感染していても症状がでずに、感染に気づかない人もたくさんいます。

ヘルペスウィルスによる代表的な症状に、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。これらは単純ヘルペスウィルスによって引き起こされ、体のどこにでも発症します。皮膚に、痛みや痒みをともな小さな水ぶくれができます。水ぶくれがつぶれてかさぶたになり、2週間程度で治まっていきます。

症状が治まってもウィルスは死滅しないため、体が弱っているときに、潜伏していたウィルスが働きだし、症状を再発させることがあります。ヘルペスウィルスは、多くの人が持っている身近なウィルスです。感染しても、気づかない人はたくさんいます。

発症しても、薬で症状を抑えることができるので、落ち着いて病院を受診しましょう。