性器ヘルペスは単純性ヘルペスウイルスが感染することで起こる症状です。男性・女性によって性器の構造が違いますので、発症箇所についても異なってきます。今回は、女性の性器ヘルペスについて初めて感染した場合・再発の場合と見ていきましょう。

水ぶくれやただれが見受けられます。女性の場合、痛みが強くなってしまうと排尿が困難に成ることもあるでしょう。同時に、発熱がともなうこともあります。これらとあわせて、太ももの付け根周辺の「リンパ節」に腫れや痛みが現れる方もいらっしゃいます。

具体的な性器ヘルペスの発生箇所ですが、外陰・膣口・お尻などがその中心となります。しかし、広範囲なものとなると、子宮頚管や膀胱などにその程度が広がることもあるでしょう。1年以内に8割以上が再発するとも言われています。ストレスがたまっている・ハードワーク状態が続いている・性行為などの刺激で再発することが多いようです。

性器やその周辺・太ももなどに水泡やただれが見受けられるでしょう。再発前の「前駆症状」として、膣の入り口に違和感があったり、太もも周辺に神経痛のような痛みが見られることもあります。できればこの段階で医療機関を受診すると良いでしょう。

また、初感染と比較をすると、再発のほうがその症状が軽い場合も多く、治るまでの機関も短くなるでしょう。今回は女性の性器ヘルペスについて見ていきました。男性と比較をすると、痛みを感じやすいということもいえます。放置をすることによって不妊症の可能性なども出てしまう恐れがありますので、早い段階で医療機関を受診しましょう。